病院長

院長挨拶(落成式にて)

 本日は、新しい「そよう病院」の落成式にご臨席を賜り、誠にありがとうございます。これまで老朽化した病院で皆様には大変ご不便をかけてまいりましたが、こうして新築移転が実現し、職員一同感激しております。

   病院名も「山都町包括医療センター そよう病院」と変更させていただきました。当院は「山都町国民健康保険条例第7条」に基づいて設置されている公立病院で「国民健康保険施設」(通称:国保直診病院)といいます。この国保直診病院は「採算性が乏しくて民間医療機関の進出が期待できないようなへき地でも、いつでもかかれる病院を」という理念で全国に設立され、日本の国民皆保険制度を根幹で支える病院です。また、国保直診病院は、医療に加えて保健(健康づくり)・福祉(介護)サービスまでを総合的・一般的 に提供する「地域包括医療・ケアシステム」の拠点としての活動を大きな目標の一つとしています。

 そこで今回「包括医療」という文言を戴きました。町民全体の皆様がいつでも受診して頂けますという思いも込めています。また、地理的位置を示すためにも蘇陽の名前は必要とも判断し、漢字ではやや重たい感じのする「蘇陽」をひらがなで残しました。

 以上の思いを胸に、新たな歴史のスタートラインに立ちます。職員一同心をひとつにがんばります。これまでと同様、皆様で守り育てていただきます様お願い申し上げます。

Since 7th.Oct.2002
Copyright(c)2002-2008 Soyo Hospital,All Rights Reserved
.